top of page
  • 執筆者の写真USED BIKE FALLS

駄目なバイク屋

近隣のバイク屋について、あるお店の被害者があまりにも多いので公表しておきます。本来他店の批評は好ましく無いですが、同業者として改善を希望します。

記事のお客様は福知山市公立大学の学生さんですが、今までにも同大学の学生のお客様からの同じような被害を複数確認しております。


福知山市、カワサキの看板を揚げた店舗購入のスズキ、アドレスV50 2006年モデルです。

今年の5月購入、走行距離が実走距離1,000km台との事で安心して購入されました。

購入後~現在に至るまで、ベルト切れや、エンジンチェックランプ点灯、タイヤの異常磨耗によるパンク等々、不具合多発でご相談頂きました。伺っていない内容も有ると思いますが、クレームを伝えるも、逆切れされた経緯や不信感から最終的に当店へご依頼を頂きました。

ちなみにお客様は購入後、1,000kmも走行されていません。なおかつ、金額は伏せますがそこそこのお高い金額で購入されてます。


下記はセカンドオピニオンの当店の点検結果です。

リアタイヤ、ホイールです。ホイールはお客様がパンクしているにもかかわらず走行した結果、曲がっております。

そもそものパンクの原因はタイヤの不良によるエア漏れ。

タイヤサイドの異常磨耗、糸が見えてますね。このような偏磨耗を見る事の方が少ないです。納車前からのタイヤ異常で間違い有りません。

フロントタイヤ、ホイールです。

タイヤは2009年製造、製造から10年以上も経過している事から、サイドウォールまでひび割れが進行しております。

加えてホイールリムの曲がり、右側からの衝撃を受けたと見られるホイールの振れを確認しました。

CVT(ミッション)の部品、ウエイトローラーです。

自動変速の重要部品ですが、既に破損寸前の状態。本来は真円の丸い部品です。

ミッション内部は清掃すらされておらず、消耗品多数の状態、後500kmも走行すれば走行不能になるような状態でした。

一応クレームでベルト交換されたみたいですが、ベルトの組み付け方向違い…プロの仕事ではありません。


ハンドルロックが出来ないのでステムシャフトの点検。

推測にはなりますが、事故等で損傷後、組み付けは可能なお安いレッツ4用の中国製社外品に交換されていると推測できます。溶接部の仕上がりが荒いのでほぼ間違いないかと。

分解までは予算の都合上しておりませんが、購入時にハンドルロックの説明を浮けず、ハンドルロックが何かを知らないお客様でした。ありえません。

エンジン回りです。

清掃すらされておりません。点検していない証拠です。数ヶ月でここまで汚れはたまりません。画像には無いですが、巨大な虫の死骸も残留しておりました。

今回の修理依頼の一つ、エンジンチェックランプの原因です。

スロットルポジションセンサーの配線の断線。ここは良く切れるので納車後に切れたのであれば中古車はしょうがない部分です。

ここに関しては中古車ですので販売店に責任はありません。

4サイクルエンジンなのにエンジン下回りがオイルまみれです。

オイルドレンのシーリングワッシャー不良や別のボルト緩みによるオイル滲みでした。オイル交換を行いましたが入っていた量は規定量の2割り程で真っ黒の状態。オイル交換はしてないどころか、オイル漏れのチェックすらしてない事は一目瞭然です。

マフラーのO2センサーの配線がカットされてます。

本来このバイクにはマフラーにO2センサーはありえません。次の型の同車種からの設定です。

事故修理か何かで流用されたのだと思いますがプロの仕事ではありません。当店ならセンサー外して溶接で埋めます。

ここは機能上問題無い部分ですが、お客様に説明が必要な部分かと思います。


長く書きましたが、書ききれない不良部位多数の状態でした。


当店で同じ金額の予算を見て頂ければこのような不具合箇所は全て修理済みのセミレストア状態で販売しております。

タイヤもほとんどの場合で前後新品。

中古車は金額も大事ですが、お店選びが一番重要です。

上記のお店は閉業するか改善して欲しい限りですね。

みなさんもお気をつけて。










閲覧数:737回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page